N-BOXのタイヤチェーンの選び方は?人気商品と購入時の注意点

ホンダ・N-BOX(エヌボックス)のタイヤチェーンを選ぶにはどうしたらいいのでしょう?

人気の軽自動車の「N-BOX」のタイヤチェーン 選びのポイントを紹介します。
(内容は、N-BOX、N-BOXカスタム共通です。)

N-BOXの特徴は?

ホンダの軽自動車がN-BOX。2017年にフルモデルチェンジされたハイブリッド車です。エンジンは、NA車とターボ車があります。

N-BOXは、現在2代目になっています。初代のN-BOXは、 JF1/2型と呼ばれ2011年から2017年まで販売されていました。2代目はJF3/4型で2017年から現在も販売されているモデルです。通常モデルとカスタムがあります。
2代目モデルN-BOXは、「Honda SENSING」を全タイプに標準装備しています。車の性能とデザインが人気で、販売台数は軽自動車の中でもトップクラスとなっています。 かっこよさもありながら、かわいさもあり、性別、年齢関係なく乗れる車です。

N-BOXには、G・Honda SENSING」、「G・L Honda SENSING」、「G・L ターボ Honda SENSING」があります。
上級仕様は「G・EX Honda SENSING」と「G・EX ターボ Honda SENSING」で、フルオート・エアコンディショナーにプラズマクラスターも搭載しています。
N-BOX(JF3)のタイヤサイズは155/65R14です。一部、15インチを装着している車もあります。カスタムのターボ車の15インチのサイズは165/55R15です。


N-BOXにタイヤチェーンが必要な時は、どのように選べばいいのでしょう?こちらのページでは、 N-BOXのタイヤチェーン購入に関する情報を書いていきます。

N-BOXのタイヤサイズは?

まずN-BOXのチェーンを購入するには、タイヤサイズを知る必要があります。

タイヤチェーンは、タイヤやホイールと違い、その車専用になっているわけではありません。チェーンはタイヤのサイズによって分かれています。タイヤ、ホイールのように専門の機械を使用して組み付け作業などは必要ありませんが、購入後に、タイヤに取付ける必要があります。

チェーンはタイヤサイズによって種類が分かれているため、タイヤサイズを知る必要があります。そのため,タイヤチェーンの購入時には、取付ける車のタイヤサイズを確認する必要があります

まずは、自分の車のタイヤサイズを知ることからタイヤチェーン選びが始まります。

N-BOXのタイヤサイズは14インチです。(一部15インチ車があります)ベースとなる、14インチのチェーンを探していきます。


14インチのN-BOXは、155/65R14という、軽自動車では需要の多い定番サイズを装着しています、

タイヤチェーンを選ぶには、 155/65R14というタイヤサイズにあうチェーンを選びます。

タイヤサイズ

タイヤの側面には、このようにサイズが記載されています。

インチアップをしていたり、純正と違うタイヤを装着している方は、このサイズではないタイヤがついていることもあるので注意してください。


基本的には、N-BOXは「155/65R14」というタイヤサイズになります。念のため現在乗っている車のタイヤを確認してください。タイヤの側面を見るタイヤとサイズが書かれています。

チェーンは、ホイールサイズでなくタイヤサイズで分かれているので、タイヤサイズが重要。また、タイヤサイズがあえば、他の車でも使い回すことも可能です。

チェーン購入時には、タイヤサイズに注意してください。

N-BOXのタイヤチェーンの種類は?

N-BOXのタイヤチェーンにはいくつかの種類があります。

まず、純正品と社外品があります。 純正はホンダの純正パーツで、ディーラーで購入できるパーツです。一方の社外品は、アフターメーカーが作るカーチェーンです。

ホンダの純正タイヤチェーンは、『Honda Access』で設定があります。サイズにより価格は変わりますが12000円前後です。純正はスチールのチェーンです。

N-BOXのチェーンは純正品もありますが、需要が多いのは、「社外品のタイヤチェーン」です。

社外品チェーンが人気の理由は、価格やバリエーションが豊富で、自分の好みにあわせた商品が購入できるからです。価格の幅は広く、数千円のものから数万するものまでバリエーションが豊富です。

購入もカー用品店やネット通販でも購入でき、価格の比較も行いやすいため社外品のチェーンの人気が高いです。

また、チェーンには素材の種類もあります。

金属のタイヤチェーンからゴムのタイプ、樹脂のタイプというように種類があります。金属のタイプは音がうるさく、乗り心地は良くないですが価格は安めです。樹脂性チェーンの価格は、金属製よりも高いですが、金属製チェーンよりも乗り心地がいいです。

主流になるのは、非金属タイプで取付が簡単なタイプの商品です。
スペーシア ギアに取り付ける時に、車を動かさずに装着できるタイプが人気です。雪の中、車を移動してチェーンを取り付けるのは大変なので、簡単取付タイプが人気。

  N-BOXのチェーンの価格帯は、6000円~32000円ぐらいです。



N-BOXにオススメのタイヤチェーンは、車の移動なしで取り付けできる樹脂タイプです。平均価格は15000円ぐらいです。

安めの価格のチェーンを探すなら、スチールタイプのチェーンがいいです。

チェーンの注意点

雪道

N-BOXのチェーン装着の注意点は、タイヤサイズに合わないものを装着しないこと。チェーンのサイズがあわないとブレーキ配管やフェンダーなどを破損するおそれがあります。

N-BOXのタイヤチェーンは必ず前輪に装着して使います。
(左右両方につけます。)

4WD車も前輪に装着して使用します。後輪にチェーンを装着しないように注意してください。

金属系のチェーンは、タイヤ、ホイールに傷が付きやすいので注意してください。

タイヤチェーンは、制限速度があります。制限速度は時速50キロ以下のものがほとんどですが、中には時速30キロ以下というものあるので注意してください。

N-BOXのチェーンのまとめ


N-BOXのタイヤサイズは155/65R14です。

このサイズのタイヤチェーンはいくつかの種類があり、軽自動車の定番のサイズなのでいろいろなメーカーが作っています。たくさんの製品があります。

チェーンの素材や取付方法、価格などバラバラですが、それぞれに特徴があります。チェーン選びは迷うかもしれませんがN-BOXで、急な降雪に合った時や高速やチェーン規制の道路を走る際のことをイメージして選ぶといです。


チェーンを使うことは意外と少ないかもしれませんが、 冬場は 持っていると心強いパーツです。

N-BOXの使用条件や乗る範囲も考えて、チェーンをトータル判断して選ぶといいです。ぜひあなたにあったチェーンを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です