【非金属タイヤチェーンのメリットと口コミ】3つの注意点

クイックイージーを装着

チェーンは、冬季の道路でのグリップを向上させるための装置です。

タイヤチェーンは、氷や雪の上での運転時に安全性を高め、滑りを防ぐのに役立ちます。

車のチェーンの中でも、非金属チェーンは性能と価格の面で高い評価を受けており、多くの人に支持されています。

  • 非金属チェーンの特徴は?
  • 非金属チェーンのメリットは?
  • 口コミや注意点は?

ここでは、非金属タイヤチェーンの選び方や注意点を紹介します。

目次

非金属製タイヤチェーン

クイックイージーの装着

非金属タイヤチェーンは、雪道や凍結路を走行する時に使用する滑り止めです。

これらのチェーンは、近年さまざまなバリエーションで提供され、その性能も向上しています。

非金属チェーンは、雪や氷の路面にしっかりと食い込み、車両のグリップを向上させます。

金属チェーンや布製チェーンなどの他の種類のタイヤチェーンも存在しますが、非金属チェーンはその高いグリップ力と安定性から、雪道や凍結路面での運転において優れた選択肢とされています。

タイヤチェーンは、雪道のドライブや冬季旅行に持っていると安心感があります。

※非金属チェーンに布製チェーンも含まれる場合がありますが、この記事では分けています。

非金属製チェーンの種類

非金属チェーン

非金属チェーンには、いくつかの種類があります。

一般的なものには、ゴムラバー製のスノーチェーンやゴムやウレタン製スノーチェーン、プラスチックスパイクチェーンがあります。

これらのチェーンは、金属製チェーンと比較して軽量で取り扱いが容易で、車輪にやさしい特徴があります。

ゴムラバー製スノーチェーン

ゴム製のラバーがタイヤに装着され、雪や氷の上でトラクションを向上させます。

簡単に装着でき、路面へのダメージが少ないのが特徴です。

ゴムやウレタン製スノーチェーン

ゴムやウレタンをベースに、特殊な素材でできており、滑りやすい路面での安定性を提供します。

アイスや凍結路面に効果的で、金属チェーンと比較して取り扱いが簡単です。

プラスチックスパイクチェーン

氷上での走行時にスパイクのような突起を持っており、トラクションを高めます。

金属スパイクと比べて振動や騒音が少なく軽量なものが多いです。

プラスチックチェーンは、応急的に使用し、使い捨てタイプのものが中心。

使用前に適切な装着方法を理解し、必要な場面で適切に使用することが重要です。

非金属製タイヤチェーンのメリット

非金属タイヤチェーンの一番大きなメリットは、滑り止め効果が高いことです。

非金属タイヤチェーンは、以下のような3つのメリットがあります。

  • グリップ力
  • 簡単な取り付け
  • 低騒音で軽量

チェーンの形状やメーカーによってグリップ力や性能、取り付け方が異なります。

性能や取り付け方、価格などトータルで考えて選ぶのがいいです。

グリップ力

非金属チェーンは、雪や氷上でのトラクションを向上させ、車両の制御を改善します。

非金属製タイヤチェーンは、雪や氷の路面にしっかり食い込み、滑り止め効果が高いです。

急な降雪時に役に立ったという声が多いです。

簡単な取り付け

非金属チェーンの中でも、取り付け方法は色々な種類があります。

一般的に、非金属チェーンは簡単に取り付けられるものも多いです。

車を移動させずに取り付けれるモデルや自動締付け機構を備えたモデルもあり、取り付け作業を簡素化しています。

中には、取り付けに力が必要なものもあるので購入前に確認時てください。

簡単取り付けタイプや車を移動させて取り付けるタイプがあります。

取り付けに多少手間がかかることもあるので、購入前に取り付け方法を確認するのがいいです。

低騒音で軽量

金属製チェーンと比較して、非金属チェーンは運転中の騒音が少ないことがあります。

非金属チェーンは一般的に金属製のチェーンよりも軽量です。

非金属チェーンは一般的に金属製のチェーンよりも軽量です。

これにより、車両の重量や燃費に対する負担を軽減でき、快適性にも寄与します。

基本的には雪のない道は、チェーンを外すようにしましょう。

非金属チェーンは、タイヤや路面に対する摩擦を最小限に抑えることができ、タイヤと路面の摩擦を傷つけにくいです。

非金属タイヤチェーンの注意点

チェーン装着の注意点

非金属製タイヤチェーンを装着する時の注意点があります。

以下のような部分に注意が必要です。

  • 適合商品(品番)
  • 装着位置
  • 制限速度

 
タイヤチェーンを購入する時に重要なのは、適合確認です。

チェーンを購入する時は、タイヤサイズとチェーンの適合をカタログなどで確認してください。

適合商品に注意

非金属製タイヤチェーンを購入する時は、自分の車に対応するかどうかを確認してください。

適合表などで車種とタイヤサイズが適合するかどうかをチェックしてください。

サイズが合わないと装着できなかったり、途中でチェーンが外れたり、車両に巻き込んだり、ブレーキ配管やフェンダーなどを破損するおそれもあります。

必ず適合確認をして、タイヤサイズに合わないチェーンを装着しないでください。

スタッドレスタイヤにチェーンを装着する場合は、スタッドレスタイヤのサイズを確認してください。

タイヤの銘柄によって装着不可になったり、品番が変わるケースもあります。

対応品番がタイヤサイズ、銘柄で変わるため、装着するタイヤにも注意してください。

チェーンの装着位置の注意点

タイヤチェーンは、駆動輪に装着して使います。

前輪駆動車なら前輪に装着します。

左右のタイヤにそれぞれに取り付けます。

制限速度、クリアランスの注意点

金属製タイヤチェーンは、制限速度があります。

チェーンによっても異なりますが、金属製タイヤチェーンは制限速度が30km以下のものが多いです。

基本的にチェーン装着時には、スピードを出さずに使用します。
 
ローダウンなど車高を落としている車は、クリアランスが少なくて装着できないこともあるので、車高を落としている場合は注意してください。

非金属製タイヤチェーンの口コミ

口コミでは、非金属チェーンのグリップがいいというものが多いです。

スタッドレスタイヤに装着する方も多いです。

雪道、アイスバーンもしっかりグリップしてくれるという口コミもありました。

チェーンの購入時には、適合確認をしっかり行う必要があります。

夏タイヤか冬タイヤに装着するかでも品番が変わることがあるので注意してください。

また、いきなり雪の上でチェーンを装着するのは大変なので、事前トレーニングをしておくと良いです。

非金属チェーンには、種類があり見極めが必要です。

評価や感想などを参考にして選ぶと良いです。

おすすめの非金属タイヤチェーン

クイックイージー

非金属のチェーンでおすすめするのは「クイックイージー」です。

クイックイージーがおすすめの理由は、金属チェーンよりも音が静かで取り付けもしやすいからです。

クイックイージーの特徴

  • スパイクピンを使用してアイスバーンにしっかりとグリップする
  • 車両を移動させる必要がなく、車輪上で簡単に取り付けできる
  • 部分修理が可能で、長期間にわたって使用できる

チェーン規制に対応し、JASSA認定のクイックイージーは信頼性も高く、人気があります。

実際に装着した感想はこちらの記事を参考にしてください。

非金属製タイヤチェーンのまとめ

チェーン

非金属チェーンには以下のような特徴があります。

  1. 優れたトラクション: 非金属チェーンは、雪や氷上でのトラクションを向上させ、車両の制御を改善します。
  2. 簡単な取り付け: 一般的に、非金属チェーンは金属製のものよりも簡単に取り付けられます。ノンスリップテンションャーや自動締付け機構を備えたモデルもあり、取り付け作業を簡素化しています。
  3. 低騒音: 金属製チェーンと比較して、非金属チェーンは運転中の騒音が少ないことがあります。これは快適性に貢献します。

非金属製タイヤチェーンは、タイヤサイズごとに分かれているので、購入する時は注意してください。

夏タイヤと冬タイヤでは、対応品番が違っている車もありますので、適応タイヤサイズを確認して、間違えないようにしてください。

肝心な時に装着できない事態は避けたいので、適合確認をして、事前に取り付けしてみるのがオススメです。

金属製タイヤチェーンは、ネット通販で購入可能です。

購入する時は、装着車種やタイヤサイズに注意してください。
 

楽天価格
⇒ 非金属製タイヤチェーン
 

アマゾン価格
⇒ 非金属製タイヤチェーン

ヤフーショッピング価格
⇒ 非金属製タイヤチェーン

ぜひあなたの車に合ったタイヤチェーンを見つけてください。

取り付けがしやすい布製タイヤチェーンはこちらの記事を参考にしてください。

金属タイヤチェーンはこちらの記事を参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次