タフトのタイヤチェーンの選び方。サイズやオススメは?

最近、チェーン規制という言葉を聞く機会が多くなりました。

今後、降雪地域に行くときは必要になるかもしれない「チェーン」

「タフトのタイヤチェーンはどう選べばいいの?」と車のチェーン選びに悩むことがあるかもしれません。

こちらのページでは、「タフト」のタイヤチェーン選びのポイントや商品を紹介します。

タフトの種類や型式

タフト

タフトは、ダイハツの軽自動車。

クロスオーバータイプの車です。
 
<タフトの種類>
タフト (LA900S/LA910S型 2020年-)
 
グレードは、「X」「G」「Gターボ」
 
こちらの記事では、 「タフト」のチェーンの選び方について書いています。

タフトのタイヤサイズは?

タイヤ

チェーンを購入するには、タフトのタイヤサイズを知る必要があります。

チェーンは、ホイールサイズでなくタイヤサイズで分かれているため、チェーンの購入前に自分の車のタイヤサイズを把握しなければいけません。

タフトの純正タイヤは15インチを装着し、「165/65R15」というサイズを装着しています。

※タフトのタイヤサイズは、年式、型式、グレードによって異なりますので注意してください。
 
こちらのページでは、「タフト」の15インチのタイヤチェーンについて書いていますが、インチアップして、記載のサイズではないタイヤがついていることもあります。

チェーンを装着する車のサイズを確認してください。(スタッドレスタイヤに装着する場合は、特にサイズに注意してください。)

タイヤサイズの確認方法は、タイヤの側面を見るとタイヤとサイズが書かれていますので、現車のタイヤサイズを確認してください。

もし、スタッドレスタイヤに装着する場合は、スタッドレスタイヤのサイズを確認してください。

タイヤチェーン選びの注意点

チェーン

タフトにチェーンを装着する時の注意点があります。

  • タイヤサイズ
  • 装着位置
  • 制限速度
  • 車の車高

 

■ タイヤサイズの注意点

タイヤサイズに合わないチェーンを装着しないこと。サイズが合わないと装着できなかったり、途中でチェーンが外れたりします。

チェーンのサイズがあわないと、ブレーキ配管やフェンダーなどを破損するおそれもあります。(必ず、タイヤサイズの確認を行なってください)
 

■ チェーンの装着位置の注意点

タフトのタイヤチェーンは必ず前輪に装着して使います。

左右両方につけます。タフトの4WD車もチェーンは前輪に装着して使用します。

※後輪に装着しないように注意してください。

金属系のチェーンは、タイヤ、ホイールに傷が付きやすいので注意してください。
 

■ 制限速度、クリアランスの注意点

タイヤチェーンは、制限速度があります。

制限速度は時速50キロ以下のものがほとんどですが、中には時速30キロ以下というものあるので注意してください。基本的にはスピードを出さずに使用します。

ローダウンなど車高を落としている車は、クリアランスが少なくて装着できないこともあるので、車高を落としている場合は注意してください。

タフトのタイヤチェーンの種類は?

凍った路面

タフトのタイヤチェーンには、いくつかの種類があります。

まず、チェーンには「純正品」と「社外品」があります。
 

【純正品】

純正品は 、ダイハツ純正パーツで、ディーラーで購入できるチェーンのこと。

ダイハツ純正タイヤチェーン

●165/65R15用:2本セット
 

【社外品】

一方の社外品は、アフターメーカーが作るカーチェーンです。

タフトのチェーンで需要が多いのは、「社外品のタイヤチェーン」です。
 

社外品チェーンが人気の理由は、価格やバリエーションが豊富で、自分の好みにあわせた商品が購入できるからです。

サイズによって分かれているため、他の車種で使える商品も多いです。
 
また、価格の幅も広く、数千円のものから数万するものまでバリエーションが豊富。

チェーンの購入は、カー用品店やネット通販でも購入でき、価格の比較もしやすいため社外品のチェーンの人気が高いです。

タイヤチェーン

タイヤチェーンには素材の種類があります。

  • 金属製のチェーン
  • 非金属チェーン
  • 布製チェーン

チェーンには、金属タイヤチェーン、非金属タイプ、布製といった種類があります。

 
■ 金属チェーン

金属チェーンは収納時にコンパクトになります。

また価格も安めのものが多いです。

 
■ 非金属チェーン

非金属チェーンは最近主流になりつつあります。

低価格の商品も増えて様々なタイプの商品があります。

価格は安いものから、高いものまで幅があります。

 
■ 布製チェーン

手軽に装着できる応急用のチェーンが布製チェーンです。

とりあえず応急的に対応したいなら、オートソックがいいかもしれません。適応タイヤサイズを確認してください。

注意点として、布製のチェーンは、応急用的に使用するチェーンで、現在チェーン規制時の走行はNGです。

タフトのタイヤチェーンのおすすめは?

雪道

タフトにおすすめするのは、ズバリ「非金属のチェーン」です。

非金属のチェーンがおすすめの理由は、金属チェーンよりも音が静かで取り付けも行いやすからです。

 
金属タイプは価格が安めというメリットがありますが、金属チェーンは音がうるさく、乗り心地は良くないです。

非金属チェーンの価格は、金属製よりも高いデメリットがありますが、金属製チェーンよりも音が静かで乗り心地がいいです。

非金属チェーンの中でも種類があり、取り付ける時に、車を動かさずに装着できる簡単取付タイプがオススメです。

雪の中、車を移動してチェーンを取り付けるのは大変なので、非金属の簡単取付タイプが人気。

 
非金属チェーンで有名なのは、「Yeti Snow net (イエティ スノーネット)」があります。

「Yeti Snow net 」は、スイス生まれのラバータイプチェーン。

イエティ スノーネットの価格は高めですが、作りもしっかりしていて簡単取付が可能です。

非金属チェーンのデメリットは収納時にかさばることですが、金属チェーンに比べて乗り心地がいいです。

※確認時はタフト発売直後でイエティ スノーネットの設定はありませんでした。

タフトのチェーンのまとめ

タフトのタイヤサイズは、165/65R15です。

グレードによって違うこともありますので、タイヤチェーンの購入時にはサイズを必ず確認してください。

スタッドレスタイヤに装着する場合は、スタッドレスタイヤのサイズを確認してください。

タイヤメーカーによってタイヤの幅や外径が違うので、マッチングが変わることがあります。

タフト対応のタイヤチェーンはいくつかの種類があり、迷うかもしれません。

冬場にチェーン規制の道路を走る際のことをイメージしてトータルで判断して選ぶといいです。

とりあえずチェーンを持っておきたい場合は、低価格の金属チェーンを選ぶのが価格が安くあがります。

タフトのチェーンの価格

チェーンはネット通販で購入が可能です。

チェーンは、タイヤサイズで分かれていますので、購入時はタイヤサイズと適合車種に注意して購入して下さい。
 

楽天価格

⇒ タフト 165/65R15 タイヤチェーン

 
ヤフーショッピング価格

⇒ タフト 165/65R15 タイヤチェーン

 
アマゾン価格

⇒ タフト 165/65R15 タイヤチェーン
 
※購入時は、タフトの型式や装着する車のタイヤサイズに注意してください。

ぜひあなたの車に合ったチェーンを見つけて、安全に雪道を走行してください。