シエンタのタイヤチェーンの価格や種類は?オススメは?

シエンタ

「シエンタのタイヤチェーンをどう選べばいいの?」と車のチェーン選びは悩むことが多いかもしれません。

こちらのページでは、トヨタの人気の小さなミニバンの「シエンタ」のタイヤチェーン 選びのポイントや商品を紹介します。

シエンタはどんな車?

トヨタの人気のコンパクトカーがシエンタ(SIENTA)です。

シエンタは、2003年に発売された車で、現在も販売されています。ワゴン風の見た目でも中身はミニバンの広さがある車。とても人気の高い車です。

シエンタには、いくつかの種類があり、型式で分けられてます。

<シエンタの型式>
・初代 XP80G型(1期・2003年 – 2010年、2期・2011年 – 2015年)
・2代目 XP170G型(2015年 -)

型式、年式、グレードはチェーン選びで重要です。

シエンタのグレードには、X、G、ハイブリッドX、ハイブリッドGあります。

シエンタのエンジンは1500ccの直列4気筒と1500ccハイブリッド車があり、シエンタの駆動方式は、FFと4WDがあります。


こちらのページでは、 2015年以降の2代目シエンタのタイヤチェーンは、どのように選べばいいのか。

2代目シエンタの タイヤチェーン の購入に関する情報を書いていきます。

シエンタのタイヤチェーンの種類は?


シエンタのタイヤチェーンにはいくつかの種類があります。

まず、純正品と社外品があります。

純正品はトヨタ純正パーツで、ディーラーで購入できるパーツです。
一方の社外品は、アフターメーカーが作るカーチェーンです。


シエンタのチェーンで需要が多いのは、「社外品のタイヤチェーン」です。

社外品チェーンが人気の理由は、価格やバリエーションが豊富で、自分の好みにあわせた商品が購入できるからです。

価格の幅は広く、数千円のものから数万するものまでバリエーションが豊富です。

チェーンの購入は、カー用品店やネット通販でも購入でき、価格の比較も行いやすいため社外品のチェーンの人気が高いです。

タイヤチェーンには素材の種類もあります。

・金属製のチェーン
・非金属チェーン
・布製チェーン

金属タイヤチェーン、非金属タイプ、布製といった種類があります。


金属タイプのチェーンは音がうるさく、乗り心地は良くないですが価格は安めです。
金属製のチェーンの中にも、リングチェーンの「はしご型」や「亀甲型」があります。

非金属チェーンの価格は、金属製よりも高いですが、金属製チェーンよりも音が静かで乗り心地がいいです。

布製のチェーンは、応急用的に使用するチェーンで、現在チェーン規制時の走行はNGです。

シエンタにおすすめするのは、ズバリ、「非金属のチェーン」です。

非金属のチェーンがおすすめの理由は、金属チェーンよりも音が静かで取り付けも行いやすためです。


また、非金属チェーンの中でも取り付ける時に、車を動かさずに装着できるタイプがいいいです。

雪の中、車を移動してチェーンを取り付けるのは大変なので、簡単取付タイプが人気。

非金属チェーンで有名なのは、カーメイトの製品があります。
車の移動とジャッキアップが不要のクイックイージーがいいです。
クイックイージーは、JASAA認定品なので耐久性もあり、しっかりしたタイヤチェーンです。

他には、イエティ スノーネット(Yeti Snow Net) が有名です。
価格は高めですが、作りもしっかりしていて簡単取付が可能です。


非金属チェーンのデメリットは収納時にかさばることですが、金属チェーンに比べて乗り心地がいいです。

シエンタのタイヤサイズは?

まず シエンタのチェーンを購入するには、シエンタのタイヤサイズを知る必要があります。

チェーンは、タイヤに装着するため、購入時には、車のタイヤのサイズを知る必要があります。

タイヤチェーンは、車のタイヤサイズによって種類が分かれています。

チェーンは、ホイールサイズでなくタイヤサイズで分かれているので、自分の車のタイヤサイズが重要。


シエンタ純正のタイヤサイズは15インチ~16インチとグレードにより異なります。そのためグレードとタイヤサイズに注意が必要です。


15インチの シエンタは、 185/60R15というサイズを装着しています。

ただし、シエンタの年式、型式、グレードによって異なります。

オプション装着車は、195/50R16を装着していますのでタイヤサイズは注意してください。

こちらのページでは、 2015年~現行モデルシエンタのタイヤチェーンについて書いています。

シエンタのチェーン選びの際はタイヤサイズに注意してください。

インチアップをしていたり、純正と違うタイヤを装着している方は、記載のサイズではないタイヤがついていることもあるので注意してください。



※年式と型式によって違いますので注意してください。

車によっては違うサイズを装着していることもあるので、念のため現在乗っている車のタイヤを確認してください。

タイヤサイズ



タイヤサイズの確認は、タイヤの側面を見るとタイヤとサイズが書かれていますので、現車を確認してください。

チェーンの注意点

雪道


シエンタにチェーンを装着する時は、タイヤサイズに合わないものを装着しないこと。

チェーンのサイズがあわないとブレーキ配管やフェンダーなどを破損するおそれがあります。(タイヤサイズの確認を行なってください)



シエンタのタイヤチェーンは必ず前輪に装着して使います。
左右両方につけます。チェーンは4WD車も前輪に装着して使用します。

※後輪に装着しないように注意してください。

金属系のチェーンは、タイヤ、ホイールに傷が付きやすいので注意してください。

タイヤチェーンは、制限速度があります。制限速度は時速50キロ以下のものがほとんどですが、中には時速30キロ以下というものあるので注意してください。

ローダウンなど車高を落としている車は、クリアランスが少なくて装着できないこともあるので、車高を落としている場合は注意してください。

シエンタのチェーンのまとめ


2代目シエンタのタイヤサイズは、185/60R15、195/50R16です。


シエンタのサイズのタイヤチェーンはいくつかの種類があります。

チェーンの素材や取付方法、価格などバラバラですが、それぞれに特徴があります。

チェーン選びは迷うかもしれませんがアルファードで、冬場にチェーン規制の道路を走る際のことをイメージして選ぶといです。

とりあえず持っておきたい場合は、低価格の金属チェーンを選ぶのが価格も安くあがります。(トヨタ純正の金属チェーンだと2万ちょっとです。)


シエンタのチェーンの価格
シエンタ タイヤチェーン


車のチェーンを使うことは意外と少ないかもしれませんが、 冬場は持っていると心強いパーツです。


シエンタのチェーンを選ぶ時には、乗り方や行動範囲も考えて、トータルで判断して選ぶといいです。ぜひあなたの車にあったチェーンを見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です